ホルムアルデヒトの有害性

ホルムアルデヒドとは

用途例

防腐剤、消毒液、塗料、接着剤、メッキ液、農薬、脱臭剤、界面活性剤、有機合成材料、等

物性

気体(沸点-19.2℃)
空気より少し重い(比重)
水に良くとける

ホルムアルデヒドの有害性について

1)発がん性

グループ1(ヒトに対して発がん性あり)
※発がん性は、IARC(国際がん研究機関)の評価による。

2)感作性

・気道感作性第2群(ヒトに対しておそらく感作性あり)
・呼吸器感作性第1群(ヒトに対して感作性があり)
※日本産業衛生学会の評価による。

3)その他の人体への影響

・皮膚を刺激し硬化させ、ひび割れ、潰瘍を生ずる。
・蒸気は目を刺激し、涙がでる。
・吸入すると、粘膜が刺激されて咳が出る。
・慢性症状として、肝臓・腎臓の障害が起こる。
※人体への影響の出典は「化学物質の危険・有害便覧」(中央労働災害防止協会)

ホルムアルデヒドに係る主要な対策についてはこちら

ページの先頭に戻る

本ウェブサイトはJavaScriptを使用し構築されています。
JavaScriptがご使用になれない環境やJavaScriptを無効にしている状態では本ウェブサイトが正しく表示されない場合がありますのであらかじめご了承ください。