大学向けハイブリッドシステム/解剖実習室等

局所排気装置と酸素クラスター除菌脱臭装置の組み合わせにより、
ホルムアルデヒド濃度0.1ppm以下を保証します。
ホルムアルデヒド発生量や、部屋の換気回数、合計排気風量等を計算し
目標達成のための適切な対策をご提案いたします。

特定化学物質障害予防規則等の改正(平成20年3月1日施行・適用)に伴い、
ホルムアルデヒドを取り扱う現場においても新たなホルマリン対策が必要となりました。
カルモアではその室内管理濃度基準・局所排気装置に係わるホルムアルデヒド濃度0.1ppm以下を保証するシステムをご提案しています。


大学向けハイブリッドシステムの特徴

  • 局所排気装置付き解剖実習台にて、解剖中に発生するホルムアルデヒドを吸引。
  • 室内に拡散したホルムアルデヒドは、酸素クラスター除菌脱臭装置により
    生成された酸素クラスターイオンによって分解されます。
  • アルデライド脱臭装置を設置すれば、吸引されたホルムアルデヒドが吸着・除去されるため、
    吸引空気は室内へ戻すことも、室外へ排気することも可能です。
  • 局所排気装置のご案内
  • 酸素クラスター除菌脱臭装置のご案内

ハイブリッドシステムフロー

※某大学にて計算した全体換気量例を記載しております。

ページの先頭に戻る

本ウェブサイトはJavaScriptを使用し構築されています。
JavaScriptがご使用になれない環境やJavaScriptを無効にしている状態では本ウェブサイトが正しく表示されない場合がありますのであらかじめご了承ください。